デスクワーク中心でも筋肉量アップ長生きする4つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
デスクワーク

デスクワーク中心の勤務コーデだと、営業で外回りするより運動不足になりがちですよね。

長時間座っていると足がむくんだり、PCを見続けていると眼精疲労やドライアイも気になります。

デスクワーク中心でも、筋肉量をアップさせて健康増進、長生きする方法はなんでしょうか。


スポンサーリンク



バランスボールに座りながらデスクワーク

バランスボールに1日6時座ると50キロカロリーは消費されます。

たかが50キロカロリーですが、一週間で350キロカロリー、コツコツ定期的続けると結構な支出量になるのであなどれません。

バランスボールは一般的の椅子に座るのと比べて、不安定ですがやわらかいので心地よいです。

正しい姿勢に戻そうと体が自然と体幹バランスを整えるので、胴体の深層の筋肉が鍛えられます。

股関節も正しい姿勢に戻す際に動きが活発になるので、股関節の稼動域が広がり周りの筋肉がほぐれてきます。

バランスボールを導入するオフィスも増えているので、成果を体感している人も増えています。

コツコツ続けて、健康寿命をのばしましょう。

 

1時間に1回は立ち上がって筋肉量大きく上乗せ

こまめに立ち上がることにより、血流が活性化して筋肉の衰えを遅らせたり、気分転換にもなります。

立った時に、軽くストレッチをするのも良いでしょう。

上半身を伸ばしたり、肩関節を回したり伸ばすと、体がやわらかくなります。

腰を回したりひねったりして、アキレス腱も伸ばして、体のすみずみをほぐしていきましょう。

立ったままデスクワークをこなすのも良いでしょう。

デスクが多々ある事務所で、一人立ったまま仕事するのもかなり目に付くかもしれませんが、立ったまま仕事する人も増えてきています。

立ったままだと机の高さが合わないので、机に平らな物を載せて高さを調節しましょう。

少し体に刺激を与えるだけでも、自律神経が整い血流が良くなる事で眼精疲労も緩和できます。

飲み物を取りに行ったり軽い用事を済ませる理由付けを作り、立つ機会を増やしましょう。

スポンサーリンク



食事に気をつけて筋肉量アップして長生き

お昼は和食や、ヘルシーなお弁当を食べるのも良いでしょう。

マルチビタミンとミネラル、目に影響があるブルーベリー系のサプリも摂りましょう。

筋肉量を増やすには、たんぱく質が欠かせないので、あっさりとしたお肉お魚、植物性たんぱく質の豆系を食べましょう。

飲み会だと揚げ物より、焼き鳥や焼き魚、お刺身でたんぱく質を多めに摂取も良いです。

エクササイズ時間が少なくても、食事で体を変えて長生きすることも十分できます。

 

スポーツジムでトレーニングして健康寿命をのばす

週2.3日はスポーツジムに通い、1日につき1時間はマシンでウエイトトレーニングをしましょう。

ウエイトトレーニングの技術はスポーツジムのスタッフが教えてくれるので、心配することはないのです。

次の日に筋肉の疲れが可能なだけ残らないように、トレーニング後はお肉お魚大豆などのたんぱく質や水分を多めに摂りましょう。

トレーニングのモチベーションが高いケースは、トレーニング前後にプロテインを20グラムずつ摂りましょう。

トレーニング中の飲み物はBCAAを5グラム以上摂ると、またトレーニングの成果は高まり、トレーニング後の疲労も早く回復できます。

トレーニングの後はストレッチを30分くらい念入りにやりましょう。

この方法も、トレーニング後の疲労回復が早まります。

トレーニングを出来ない日は、朝と夜寝る前に30分ずつストレッチをやりましょう。

自律神経が整い体がやわらかくなる事で、リフレッシュ影響や次のトレーニングに向けての調整ができます。

 

長生きのためにトレーニングは必要

デスクワーク中心でも運動不足を落着したり、食生活を改善する事で、筋肉量を増やす事が可能です。

脂肪と筋肉を置き換えた体脂肪率の低い体型は、スーツ姿の見栄えも良くします。

ひきしまった体型は、そこまで高価なスーツを着なくても、かっこ良く見えます。

少しずつコツコツ、健康増進のテクニックを習性づけて、長生きしましょう。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。