ゴジベリー(クコの実)の性能とレシピを知って栄養摂取しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ゴジベリー

杏仁豆腐やゼリー、中華粥に2、3粒添えられる赤いフルーツのスーパーフードのゴジベリー(クコの実)は、他にも使われるレシピはあるのでしょうか。

スーパーフードのゴジベリー(クコの実)を料理に加えるのは、なかなか印象がわきにくいですよね。

けれどもスーパーフードのゴジベリー(クコの実)のメインのレシピは、意外とたくさんありますよ。

スーパーフードのゴジベリー(クコの実)の性能とレシピを知って、料理のレパートリーを増やしましょう。

スーパーフードの国産ゴジベリー(クコの実)の自家栽培デザートやスープにちょこんと添えられる赤いフルーツのクコの実ことゴジベリーは、中国産がそんなにですよね。

実は国産も少量ながら流通して売られています。

そして、日本の気候にも適合性は良く、ぐんぐん雑草のように育ちます。

スーパーフードのゴジベリー(クコの実)の国産と自家栽培について、克明に知ってみましょう。


スポンサーリンク



国産と中国産のゴジベリー(クコの実)の比較

中国ではスーパーフードのゴジベリー(クコの実)は大量栽培されていて、日本でも商品として見かけます。

実際、スーパーフードのゴジベリー(クコの実)の産地のほとんどが中国産です。

ごくごく一部に、無農薬栽培の日本産のスーパーフードのゴジベリー(クコの実)が提供されています。

けれども、スーパーマーケットなどでは全く日本産のスーパーフードのゴジベリー(クコの実)は見かける事はなく、通信販売で手に入れるの機会が多いでしょう。

中国と気候が違うからでしょうか、日本産の実は若干小さくなる傾向にあります。

日本だと地方の山や川辺に雑草みたいに群れて自生しているところもあります。

日本全国満遍なくに自生しているわけではありませんが、一度見つけると大量のスーパーフードのゴジベリー(クコの実)がなっているのにも気づくでしょう。

日本では販売向けだけでなく、自家栽培でスーパーフードのゴジベリー(クコの実)を増やしている人もいます。

スーパーフードのゴジベリー(クコの実)は庭やベランダで簡単に育てられるので、試しに栽培してみませんか。

スポンサーリンク



スーパーフードのゴジベリー(クコの実)を自家栽培してみよう

スーパーフードのゴジベリー(クコの実)は自家栽培も気楽にできます。

まずはスーパーフードのゴジベリー(クコの実)の種、または苗を入手しましょう。

種と苗は山と川辺で自生しているスーパーフードのゴジベリー(クコの実)を持ち帰り、プランターに植え替えましょう。

大きくなると木になるというよりは、蔓っぽく伸びるので支えもあると良いです。

よく日に当てると、1年でいくつか実がなります。

苗はたまにDIYショップでお買い得費用で売られているので、見かけたら何とぞ手に入れるして育ててみましょう。

夏と秋にかけて、葉を虫に食べられる事はよくありますが、枯れることはほとんどないので、心配せずデフォルト育てましょう。

土は湿っているよりは、砂も混ぜた方が実がなりやすいようです。

ただし強い光と気温で土が乾きやすいので、真夏は毎日たっぷりと水やりをしましょう。

 

育てたスーパーフードのゴジベリー(クコの実)を食べてみよう

肥料があれば農薬なしで、自家栽培のスーパーフードのゴジベリー(クコの実)は枯れずにグングン育ちます。

スーパーフードのゴジベリー(クコの実)は1年で実がなるので収穫して食べてみましょう。

採れたての本当は乾燥していなくて水分をたっぷりと含んでいるので、野菜サラダにふりかけるとおいしいですよ。

自然乾燥させて、売られているスーパーフードのゴジベリー(クコの実)のように食べるのも良いでしょう。

無農薬のスーパーフードのゴジベリー(クコの実)は貴重で栄養たっぷりなので、安心して食べられますよね。

スーパーフードのゴジベリー(クコの実)を何とぞ育ててみてください。

スポンサーリンク



メジャーなスーパーフードのゴジベリー(クコの実)のレシピとは

よく見かけるスーパーフードのゴジベリー(クコの実)を使われるレシピは、愛玉子(オーギョーチ)やヨーグルト、杏仁豆腐などのデザートですよね。

フルーツと共にミキサーにかけたジュース、中華粥、スープ、餃子、野菜の炒め物もあります。

また醤油につけて風味も添加する調味料もあります。

想像以上にスーパーフードのゴジベリー(クコの実)は、身近な料理に加えられています。

デザートに添えるのは手っ取り早くですが、おかずにスーパーフードのゴジベリー(クコの実)を加えるといまいちピンとこない人もいるでしょう。

スーパーフードのゴジベリー(クコの実)を、松の実に置き換えるのが良いです。

味はかなり差異ますが大きさが少し似ているので、松の実のようにたくさんな料理に加えられます。

スーパーフードのゴジベリー(クコの実)は酸っぱさが際立つので、心の内控えめに隠し味程度に加えるのが極意です。

 

スーパーフードのゴジベリー(クコの実)のレシピを増やそう

 

ゴジベリー(クコの実)の酢漬け

 

材料
ゴジベリー(クコの実) 100g お自分の嗜好のお酢 500ml ハチミツ 300g

煮沸消毒した密閉容れ物で全部混ぜ合わせて、一晩冷蔵庫で寝かすだけ造作なくです。

ゴジベリー(クコの実)を食べたり、お酢も水で薄めてジュースとして飲めます。

甘酸っぱくておいしいですよ。

 

ゴジベリー(クコの実)のお茶

ゴジベリー(クコの実)と葉を使ったお茶です。

ドラッグストアなどで提供されています。

 

ゴジベリー(クコの実)のお味噌汁

甘酸っぱさがお味噌汁にしては少し強く感じられるので、1杯200mlにつき5粒がちょうど良いです。

他にチンゲン菜やほうれん草など苦味を感じられる青菜を加えると、味がバランス良く整います。

 

ゴジベリー(クコの実)のフルーツジュース

具材
牛乳 200mlバナナ 1本 ゴジベリー(クコの実) 5粒 冷凍のミックスベリー 10粒くらい ほうれん草 1枚 ブロッコリー 手でつかめる程度の量
一通りをミキサーにかけて作ります。

ゴジベリー(クコの実)は、よくミキサーにかけてください。

バナナの風味でゴジベリー(クコの実)が飲みやすくなります。

 

生ゴジベリー(クコの実)のサラダ

生のゴジベリー(クコの実)はサラダにふりかけて食べられます。

薄いトマトのような味がするので、それに合わせて混ぜる生野菜を選択しましょう。

スーパーフードのゴジベリー(クコの実)のレシピを増やして、食べる習慣を身につけましょう。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。